クオリティの問題

再生トナーには、顧客から回収した空カートリッジをリサイクルする現物再生品と、前もって回収しておいた空のカートリッジに、再生加工を施す即納再生品があります。それらは、どちらもリサイクルトナーであることに変わりはありませんが、その名称からも察しがつくように、後者の方が、短い期日で納品されることとなります。したがって、トナーの在庫が底をついていたり、新たなトナーを使用する必要性が急に生じたりした場合には、リターン品ではなく、即納品を利用することをおすすめします。

それらのリサイクルトナーを利用することにより、コスト削減や地球環境保護、資源の節約といったメリットが得られます。ただし、純正品と違って、中古のパーツを使い回したり、部品と部品、あるいはトナーとプリンター本体との相性が悪かったりすることにより、商品や印刷物の品質が低下したり、カートリッジや機器本体に不具合が生じたりする可能性が高まることは否めません。

とは言うものの、環境破壊や資源の枯渇といった問題が取りざたされ、不況が長期化している昨今の情勢下に於いては、エコロジーや省エネルギーへの意識経費削減に対するニーズが高まり、リサイクルトナーの利用者が増えて来ています。