リサイクルトナー

プリンターに取り付けて使用するトナーカートリッジには、純正品と再生品の二種類があります。その内、リサイクルトナーは純正品と異なり、トナー以外の消耗部品を、再利用した商品です。そのように、中古のパーツを使い回すことにより、製造コストを低く抑えることが可能になります。

また、金銭的な面だけではなく、環境に与える負担を軽減したり、エネルギーの無駄使いを減らしたりすることもできます。再生トナーには、現物再生品と即納再生品があり、前者よりも後者の方が、納期は短くなります。よって、在庫の状況やトナーの使用時期などを考慮に入れて、適切な商品を選ぶことが大切です。

先ほども述べたように、それらの再生品を利用すれば、経費節減やエコ、省エネに寄与することができますが、印刷品質やトラブルの発生頻度といった観点から見れば、純正品に劣っていることは否定できません。
とは言いながらも、昨今では自然環境の破壊、資源の無駄使いが問題となり、不景気が長引いていることから、リサイクルトナーへの需要が高まり、利用者が増えて来ています。そういった社会情勢の中で、再生品の品質が、純正品のそれに近づいてきており、今後もその差は縮まってゆくものと予想されます。

また、再生品を提供する業者の中から、信頼度の高いところを選び出して、利用するのも大事です。このサイトでは、リサイクルトナーの利点や種類、注意事項などに関する、さまざまな情報をご提供します。