メリットと種類

顧客から使用済みのトナーを回収した後、分解や洗浄、修理、パーツ交換といった工程を経て、純正品と同じ量のトナーを新たに充填して、再び利用することを可能にしたトナーを、リサイクルトナーと呼びます。再生品を製造する場合、消耗する部品のみの交換で済むので、純正品と比較してコストが安上がりになるというメリットがあります。そういう経費節減の効果は、トナーを使用する頻度が高ければ高いほど、強く感じることができます。

再生品を利用すると、そのように、金銭的な利益が得られるだけではなく、エコロジーや省エネルギーにも貢献することが可能となります。産業廃棄物の対象となり、処分することが難しい使用済みトナーカートリッジをリサイクルすることにより、資源の無駄使いを防いで、エコや省エネを実現することができます。また、リサイクルトナーが普及するにつれて、そのクオリティが向上してきているのも見逃せないポイントです。

ひと言でリサイクルトナーと言っても、現物再生品と即納再生品という二種類の商品があります。リターン品と即納品では、納期などの違いがありますので、それらの情報をあらかじめ収集してから、自分に合った商品を選びましょう。